能動的に自分から交流をしていかないと、出会い系サイトでは神待ちをしている家出少女とは出会えないと思っていませんか。たしかに一般的な出会い系サイトでは王道とされることですが、ハッピーメールでは「足あと」機能を使って、その負担を軽減することができます。

 

神待ちサイトとして、一般的に思い浮かべられる出会い系サイトの交流って、パターンが決まっているものですよね。
好みの家出少女を検索して、プロフィールを眺めて、男性からメールを送って…という感じばかりだと思います。
出会い系サイトもそれなりに歴史を重ねたサービスですので、神待ちサイトとして、こういうパターンが確立されるのは当然のことでしょう。
でも、やっぱりそれだけでは男性側に負担がかかりすぎますし、なによりも意外性や新鮮味に欠けてしまうものです。

 

ハッピーメールでは、こういったマンネリ化を防ぐ機能として「足あと」があります。
相手のプロフィールを見ると、自分がチェックしたことが記録として残り、神待ち目的の相手に知らせられるのです。
この機能自体に何か特別なことがあるわけではないのですが、やっぱりプロフィールを誰が見ているか知りたいものじゃないですか。
そういう興味心から、今度は相手が自分の神待ち希望のプロフィールを見に来てくれて、自然と交流が芽生えていくものなんです。

 

自分も女性に足あとをつけられると嬉しいので、定期的にプロフィールを更新して、新しい神待ち目的の女性から足あとを貰えるように心がけています。
趣味のこととか、なんでもいいのでプロフィールに変化をつけていくと、足あとに表示される神待ち少女も一変するから面白いですね。

 

ただ、中にはこういう足あと機能を「ちょっと…」と感じて、敬遠したくなる人もいるかもしれません。
そのような人は、設定から足あとを完全にオフにすることが可能ですので、自分のスタイルに合わせて切り替えれば問題ないと思いますよ。